>

北欧風インテリアに必要なアイテム

外せない木製家具

シンプルで、温かみが感じられる木製(天然木)の家具は、北欧風にインテリアをコーディネートする際には大きなポイントになります。
リビングやダイニングといった、家族が過ごすスペースや、寝室、キッチン、子供部屋など、個人で過ごす場所であっても、ゆったりとすごす空間を演出するのに力を発揮してくれます。
天然木では費用的に難しい場合は、木目調の家具を選んでもOKです。
リーズナブルなものが多いので、選択の幅が広がるかもしれません。
家具の足の部分が、床に近づくにつれて外側に開いていくようなスタイルの物を選ぶと、より北欧風テイストが強まりますよ。
家具に、ファブリックを合わせる際には、コットンや麻、ウールといった天然素材を選ぶとしっくりきます。

北欧風の色選び

部屋の配色を分けると、床や壁、天井などのベースカラー、ラグやカーテン、家具といった比較的面積の広い部分を占めるメインカラー、そして、クッションや雑貨などに使用するアクセントカラーに分類できます。
ベースカラーは70%、メインカラーを25%、アクセントカラーを5%という割合で配色すると、洗練された雰囲気に仕上がります。
北欧風インテリアに仕上げたい場合は、まずメインカラーを決めます。
温かみのあるベージュやアイボリー系にするか、涼しげな薄いグレー系にするかでお部屋の雰囲気が大きく変わるからです。
メインカラーが決まれば、アクセントカラーを選んで完了です。
アクセントカラーには寒色、暖色、中間色など、好みの色を差します。
クッションなどの小物を加えるだけでOKです。
クッションカバーの色を変えるだけで、簡単に雰囲気を変えることができます。
グリーンやイエロー、ピングやオレンジ、ブルーなどがよく使われます。


この記事をシェアする