新宿にあるバーチャルオフィス情報

コストを抑えて起業がしたい、そんな場合にはバーチャルオフィスで、住所や電話番号などをレンタルするのが最適でしょう。実際に事務所などを借りるよりも格段に安い初期費用で、事業をスタートすることができます。作業スペースなどはありませんが、そのかわりに新宿などの一等地にも、自社の住所をおくことが可能です。また、郵便転送サービスや電話対応サービスなど、オプションで経営に必要な様々なサービスを受けることもできるのが魅力です。低コストな起業を目指す方にとって、オフィスを用意する費用はかなりの負担となるものですが、こうしたサービスを利用することで、コストを最大限に抑えることができるでしょう。自宅で起業をしているが、会社の住所は他におきたいという人、低費用に起業をしたい人など、様々な用途でバーチャルオフィスは利用されています。

一等地にオフィスをかまえるメリット

会社のイメージを高めるため、新宿などの一等地にオフィスをかまえたい、そう考えても実際にはなかなか難しいものです。一等地のオフィス街は賃料が非常に高額ですから、起業したばかりの会社にとって、簡単に借りられるものではないでしょう。しかし、新宿にはバーチャルオフィスが多数ありますので、これを利用することで、一等地に低費用で、自社の住所をおくことができます。実質的なスペースはありませんが、登記することも可能ですし、たとえば名刺などにも記載することになります。こうしたサービスを利用して、一等地のオフィス街に住所を持つことは、会社のイメージアップにつながるといえるでしょう。作業をするスペースなどは無くても、郵便転送や電話対応のサービスを利用すれば、最低限の対応が可能です。

新宿にあるバーチャルオフィスの特徴

こうしたサービスの利点は、通常であれば高い賃料が必要なエリアに、低費用でオフィスの住所をおくことができる点にあります。非常に利便性の高い、人気のオフィス街であっても、その他の地域とさほど変わらない費用で、レンタルすることも可能なのです。基本的なプランとして、登記が可能な住所と電話番号のレンタルなどがありますが、この他にも様々なサポートサービスがあります。会議室として利用できるスペースのレンタルなどが可能なところも多く、他社との打ち合わせが生じたときなどに利用できるでしょう。また、秘書サービスを提供している場合もあり、専用電話番号にかかってきた電話を、秘書に対応してもらうことも可能です。ビジネスを始めるにあたり必要となる基本的な部分を、低費用でまかなうことができるのです。