新宿にあるバーチャルオフィスの注意点

バーチャルオフィスの中でも新宿は人気が高いエリアであり、ビジネスを有利に進めやすい事業拠点を入手できます。個人でも気軽に利用できるとあって、オフィスが必要な副業を行っている方にも人気です。しかし、比較的リーズナブルな月額料金で、その業者が提供しているオフィスの住所などを商業目的で使用できるメリットがある反面、事業者としての活動で注意しておきたい点がいくつかあります。想定外のトラブルでビジネスを停滞させないためにも、主な注意点を理解しておきましょう。予めメリットとデメリットを熟知しておけば、自分にとって適切な選択肢を選べます。契約の種類によっても状況が違ってくるので、同じ業者でよりグレードが高いプランを選び、デメリットを解消する方法もあります。

事業の規模と種類によってはレンタルオフィスなども検討

バーチャルオフィスは、新宿の一等地やランドマークとなっている有名ビルの住所を安価な月額料金で利用できるのが大きなメリットです。原則的に業者がオフィスを構えている住所か、あるいは、住所と電話番号を契約期間中だけ借りる形になります。名称の通り、バーチャルとして利用する契約で、原則的に業者のオフィス内で専有できるスペースはありませんが、自宅の住所を公開せずに済むとあって、個人から法人まで幅広く利用している状況です。個人事業主や社員数人の小規模会社に適した形態ですが、常にデスクに向かって仕事をする業種や、他人に聞かれては困る内容を含む事業では専有スペースがない点がネックになってしまいます。業者との契約で、共同スペースのデスクも使用できるプランか、もしくは、個室として区切られた専有スペースがあるレンタルオフィスを選ぶことで、自分に必要なビジネス空間を確保しましょう。

オプションを組み合わせた場合の合計金額を確認しよう

予算と目的によって自由にカスタマイズできるバーチャルオフィスですが、新宿において色々な取引先と接していると、多くの来訪者と郵便物に対処していく必要があります。業者によって郵便物の転送代などが異なるので、自宅に郵便物や電話を転送してもらう場合は具体的にどれぐらいのオプション料金がかかるのかを計算しておきましょう。基本的に住所と電話番号だけ借りる契約だからこそ、実務としてどうなるのかを具体的にイメージしておくことが重要です。定期的に共用の会議室を使用する場合でも、同じく施設の利用料金が追加されることを考慮しておかなければいけません。必要なオプションを全て組み合わせてみたら、個室タイプのレンタルオフィス契約の方がお得だったというケースもあるので、契約前にしっかりシミュレートしておきましょう。